'."\n";?> アトピー&敏感肌とスキンケア

アトピー&敏感肌とスキンケア

アトピーとは

アトピー性皮膚炎が発症する要因は、「アトピー素因」と「皮膚の生理学的異常」と言われる二つの要因に、ストレス、アレルゲン などの「生活環境」の要因が加わることで発症すると言われています。

まず、アトピー素因とは何のことかと申しますと、遺伝的にアレルギー反応を起こしやすい体質のことを指してアトピー素因と言います。アトピー素因には次のものがあります。例えば花粉症や喘息など家族にアレルギーを持つ人がいる場合の家族歴 、他の花粉症、気管支喘息などのアレルギー疾患に罹患している場合の既往歴、それに加えてIgE抗体を生成しやすい体質で、また、 副交感神経優位の状態などが、アトピー素因ということになります。

アトピー素因の原因遺伝子として知られているものには、FcεRIβ鎖遺伝子など多数の遺伝子がアトピー素因の原因遺伝子があります。

皮膚の免疫学的異常とは、乾燥肌を要因として、皮膚が持つバリア機能が乾燥肌のために減衰し、外部の刺激に対してその影響を受けやすい状態のことを言います。皮膚が乾燥するのは皮膚の保湿を保つセラミドが皮膚に含まれる含有量が低下することで、皮膚が水分を保てなくなることから生じます。

アトピーの人は大概、皮膚のバリア機能が減退しているので、外部の刺激の影響を受けやすく、また、体質がアレルギー反応を起こしやすいので、外部の刺激に関して普通の人に比べて影響が倍増します。アトピーはかゆみが伴うのでかゆければ、かいてしまって、その結果、皮膚のバリア機能をさらに弱めてしまい、アトピーが悪化する悪循環に陥ることになります。